マイナビ2019

一冊の本をつくること。

それが雑誌であれ、単行本であれ、企画から校了までには多くの過程を踏まねばなりません。
それにかかわる編集者の仕事は、いわゆる「裏方」です。
しかし、その裏方の作業が一冊の本をつくるにはかかせません。

読者の方に満足していただける本を編集するためには、現状に満足せず、よりよい本をつくろうとする日々の努力が必要です。

「習うより慣れろ」式の少々乱暴な面もあるかもしれませんが、編集という仕事は、ひとつひとつ経験しながら覚えていくほかありません。
本が好きならば、苦になることなく、毎日楽しみながら、編集に取り組んでいけるでしょう。

―――

「細江のつぶやき」更新しました。(2017/07/24)

(C) 1981- office201. Allrights reserved.